家族葬の場合にかかる費用について

葬儀にかかる一般的な費用は200万円台

従来ごく普通に行われてきた形式の葬儀を行った場合、だいたい200~250万円程度の費用がかかると言われています。
もちろん、これは平均値ですので、実際にはもっと高額の費用をかけて葬儀を行う例も少なくありません。
棺桶や祭壇一つとってもランクがいくつにも分かれていますので、一概にこれだけかかると言うことはできませんが、参列者の人数が多いほど、費用がかさんでくるのが普通です。

家族葬儀なら100万円以下でお葬式が可能です

 一方、最近増えてきた家族葬の場合ですと、かかる費用はグッと低価格になります。
もちろん、どれくらいの規模で行うのかによって費用は変わってきますが、だいたい30~50万円前後のケースが多いようです。
なぜ費用を抑えることができるのかと言いますと、家族や身内など気心の知れた参列者だけで行う葬儀であるために、余計なサービスを省くことが可能になるからです。
式場案内の人員や案内看板などを用意する必要がありませんし、場合によっては、料理や香典返しが不要になるケースもあります。
儀礼的な部分にかかる費用が不要になる分だけ、かなり安い費用で済ませることが可能になるのです。

費用面でも手間の面でも家族葬儀がベストな選択かも

 最近は、景気があまり良くありませんので、大事な家族の葬儀であったとしても、あまり費用をかけることができないような場合も多いです。
しかし、葬儀で一番大切なのは、故人を悼む気持ちであって、祭壇や飾り付けの豪華さなどではないはずです。
故人を大切に送り出し、永遠の安らかな眠りにつかせてあげたいという気持ちさえあれば、何の問題もないでしょう。
むしろ、世間体ばかりを気にして費用をかけた豪華な葬儀を執り行うよりも、心のこもった良い葬儀を行える可能性は高いかもしれません。
費用のかかった葬儀を否定するつもりはありませんが、大事なのは、そこに心がこもっているかどうかという問題であるはずです。