家族葬儀の基礎知識

家族葬で行う葬儀について

家族葬という単語は最近、有名人の葬儀などでもよく耳にすることが多いと思います。
名前のとおり、火葬までを含めた葬儀自体を家族と親戚、とても親しかった友人など故人と深い関係だった人達だけで行う葬儀のことをいいます。

一般層と家族葬の違いはコストと規模ぐらい

葬儀の内容は、一般的なものと変わりはないです。
場合によっては、家族葬を済ませた後にお別れ会という形で本葬を行うこともあります。
家族葬は、故人の生前の希望で行われることがほとんどで、企業の会長や社長などのトップの地位で活躍してきた方や、何かに尽力してきた人で町で有名な方などの場合に多く見られます。
このような方の場合は、自身が亡くなったときには、葬儀に多くの方が参列することがあらかじめわかっているので、自分の葬儀のために多くの方にわざわざ参列してもらうのは、申し訳ないという考えであらかじめ家族内だけでの葬儀を希望するという考えの方が多いです。

お葬式を2つに分けるスタイルもあります

火葬を済ませた上で、お別れ会という形で本葬を行えば、日時を前もって参列者にお知らせすることができるので、スケジュール的にも迷惑がかかりにくく、気持ちを整えてお別れをすることができるという理由から、最近では多くなってきています。

低コストで高い満足のお葬式

他にも、費用が少なくてすむというメリットもあります。
一般的な葬儀では、大人数が入れる会場の費用、火葬までを含めると、お通夜での食事や火葬場での食事の他に、移動にバスを利用するというケースも多いので、それだけでもかなりの費用になってしまいます。
しかし家族内での葬儀では、家族と親族、親しかった友人からのお花で祭壇を飾り、火葬場と会場の代金などのみで、その他の費用はほとんどかからないので、小規模でしっかりとしたお別れができるという特徴があります。